HOME > プランニング> ホテル
head_img_slim

宿泊ホテルの予約と手配

旅のスタイルによって滞在先の手配は様々。 
高級リゾートホテルから街の格安宿。
事前に予約、当日の空港のホテル案内所、通りかかった宿に直接など、予約方法もたくさんある。

 

手配

ホテル検索サイトからの予約

個人旅行では最も一般的な方法で、多くのホテルがこれらの検索サイトと契約しており、地図で場所なども確認できることから、大変便利である。 しかし、ホテル直接予約よりプランや部屋タイプのチョイスが少ない場合も多く、したがって子連れなどの場合は予約できない場合もある。

trivago
様々なホテル代理店サイトを網羅している。都市名を入力して検索する。
Hotels.com
ホテルのネット代理店でポイント制があり、10ptで1泊無料。 MAPが見やすい。
アップルワールド
ネット以前の紙媒体の時代からの老舗。
4travel.jp 日本発の旅行情報サイト。 クチコミや検索サイトの一括表示ができる。 手配業務は行っていない。
日本人だけによる人気ランキングが見れる。

航空券と同様に、どこのサイトでもそれほどの値段差は無い。  
部屋のプランが絞られていることもあるので、子連れで3人一部屋やファミリールーム希望の場合は、まずは2人部屋で検索する。
希望のホテルに3人プランがなければ、または満室だった場合、公式サイトから予約を調べると、予約が取れることもある。  3人や4人部屋は数が少ないため、検索サイトには卸してない場合があるため。
あまり多くの検索サイトを使い分けると管理が煩雑になるので、なるべく一つか二つのサイトにまとめて予約を取りたい。 ポイント制があることから、まずはHotels.comで、そこになければtrivagoで検索するなど。
ただし、航空券の手配と同様、ホテルを決めたら、ホテルの公式ページからの直接予約の場合の条件と料金を調べてみる。

 

直接ホテルに予約

ほとんどのホテルでWEBサイト利用(メール含む)により直接予約ができる。 もしできないのであれば、あえて行っていない理由があると考えるのが自然。
格安宿では、経費節減や、予約でなく実際来た人から部屋を提供するスタンス。
高級隠れ家旅館などは、あえてネットで予約をとらず、少数を厚いもてなしで。
など、理由はさまざま。

ホテル検索サイトで満室でも、公式ページからリクエストすると予約できる場合は多い。 特にトップシーズンなどは、検索サイト向けの部屋を減らし、少し料金を上げて公式ページからというホテルもある。
料金は上がってしまうが、そのホテルに泊まりたいのであれば、利用すべきである。 
また、ツアー利用等が多いホテルでは、直接予約の個人客をアップグレードする場合が多い。 ホテルとの直接契約なので、融通が利きやすいのは航空券の時と同様。


ホテルチェーン

シェラトンやヒルトンなどのチェーン系ホテルに泊まるのであれば、会員特典を考えると毎回同じグループがよい。
高級と思われがちだが、グループ内ではその格式や規模によりブランド分けをしており、 例えばインターコンチネンタルホテルならば、 トップのインターコンチネンタルホテルからクラウンプラザ、ホリデーイン、ホリデーインエクスプレス等、規模や料金設定も多岐である。 
各グループ内で利用できるポイント会員制度があり、レイトチェックアウトやネット無料など、航空会社のマイレージ会員より所持によるお得感がある。
予約は、会員サイトから行うのがよい。

InterContinental Hotels Group 会員プログラム:IHG Rewards Club。 会員特典:レイトチェックアウト、無料インターネット等。
 ホテル数 4600以上。
Hilton Hotels & Resorts 会員プログラム:Hilton HHonors。 会員特典:レイトチェックアウト。
ホテル数 4000以上
Starwood Hotels and Resorts WorldwideS 会員プログラム:Starwood Preferred Gust。 会員特典:無料インターネット。
ホテル数 1200以上
Hyatt Hotels and Resorts 会員プログラム:Hyatt Gold Passport
ホテル数 500以上


空港のホテル案内所

空港に着いた時にホテルを予約し、それからホテルに向かう方法なので事前手配とはいえないかもしれないが、アジア等ではよくある手法である。
この方法を考えているのであれば、最低でも空港にこのようなサービス施設があるかぐらいは調べておく必要がある。


直接ホテルを訪問

街を歩きながら、よさそうな宿を見つけたら飛び込んでみる。 
習慣・文化の違いによって、予約した方安い国と、飛び込みのがいい国がある。
例えば、日本の温泉旅館などは飛び込みだと、部屋が空いているにもかかわらず、満室といわれてしまうような旅館がある。 
もし、泊まれたとしても、一切割引のない高いレートの場合が多い。
これがビジネス旅館と名を変えると、飛び込みのが融通が利き安い場合もある。 とはいえ、通常日本は予約した方がいい国に属するだろう。
一般的に、先進国は空港や直前電話でもいいので、予約するべきである。
例えばインドの中級以下の宿などは、実際にホテルへ行って部屋を見せてもらい、宿泊を決めたりする方が安心。



ページトップに戻る