2016 スイス・ベルギー旅行 ⑧

ベルンからツェルマットへドライブ

ラヴォー地区より、ベルンに移動する。
世界遺産の街。もう一度行きたかった。

ベルン

ローザンヌはフランス語圏だったのに対し、ベルンに近づくにつれて、高速道路の標識も建物の雰囲気も「ドイツっぽい雰囲気」に変わってきた。

ドイツ語の標識が出てきて、ホッとするのは何でだろう(笑)
ベルンは旧市街が世界遺産なので、今回は散策が楽しみだ。

駐車場は、何カ所か候補があったが、地下駐車場の「Parking Casino」を利用。

街の中心に歩いていくと、Zytglogge(ツイットグロッゲ)という、スイスで最も古い仕掛け時計がある。

400年以上前のものだそう。

Kramgasse通りには、新婚時代を過ごしたアインシュタイン・ハウスや、創業1919年の老舗チョコレート店がある。こちらのマダム、感じ悪かった💦

旧市街は15世紀に造られたアーケードの形、そのまま。

昼食は、テラス席に人が多くいた、華やかな雰囲気の「Rialto」に入ってみた。
人がどんどん入っていくレストランは、評判が良いとみた。
美味しいイタリアンで、大正解!

http://www.rialtobern.ch/

食後、市庁舎から美しい緑に囲まれたベルンの街並みを眺めたり、橋を渡ったり散策を満喫した。

ベルン大聖堂、工事中で残念。

ベルン市の紋章のヒグマの像。

夏のスイスは暑くて、素敵な街の散策も心から楽しめない。
早く涼しい山に移動したい、、、
ツェルマットへ出発!

カートレインでツェルマットへ

今回の旅行のハイライトというか最難関課題(笑)。
初めてのカートレインに乗ること。

ベルンからKandersteg駅へ移動し、ここからカートレインに乗車する。
まず、Kandersteg駅までの道。
いくつものラウンドアバウトがあり、真剣に英語のナビを聞いていないと、出口を間違えて違う道に進んでしまう。そうなると、Uターンし、時間もかかり面倒なことになる。

カートレインにどうのように乗車すれば良いのか?未知の世界なので、不安。
前の車に付いていこう!と思っていたら、いつのまにか先頭に(爆)

とりあえず、表示に従って進むと、カートレインに自然に乗車できる。
先頭なので、当然車両の最前方まで進む。
幅が狭くギリギリ。

でも日本で必ず予習が必要ね。カートレインが出発する前に、エンジンを切り、窓を閉めて、ラジオを付ける、というルールがあるので!

30分ほどトンネルの中。

Goppenstein駅に無事に到着!
Goppenstein駅からTasch駅まで再びドライブ。

Tasch駅のHertzで車を返却するが、初めてなのでHertzオフィスを探すのも気にかけながら運転。
Tasch駅近くHertz駐車場を発見。返却。

さて、列車でZermattへ出発!