⑪スイス&フランス旅行

ジュネーブ

今日はジュネーブ空港でレンタカーを返却する。
いよいよ2018年の夏休みも終わり。

旅程表はこちら >>

関連記事

スイス、アヌシー、エビアン旅行。 10日間の旅程表です。 手配内容はこちら >> [sitecard subtitle=関連記事 url=https://selftravel.jp/wp/travel[…]

IMG

二色の川

アヌシーからジュネーブ空港に向かう途中、「世界の果てまでイッテQ」でイモトが行った「二色の川」に寄ることにした。
ここ、かなりわかりにくい場所なんだなぁ~。
車で行くとパーキングスペースも探さないといけないしね。

パーキングは運良く見つかったが、そこから「二色の川」が見えるポイントの場所は、スマホ片手に、Googleマップを見ながら探してみる。
午前中だったので、ジョギングをしたり、お散歩をしたりする人とチラホラ見かけた。
でも徐々に、、、

夜はここでお酒も飲めるような屋台のバーがあったり(昼なので閉まっていた)、ゴミがあったり、夜は全然違う雰囲気なんだな、という不安が出てきた。
正直、1人では絶対に来ない方が良い場所だ。
蝋燭に火をつけて(多分良くないこと)、目がうつろでおかしな雰囲気の男性が2,3人いた。
そこを通り過ぎて、二色の川が交差する場所の近くまで行ってみたが、そこで歩行者用の道は終わった。
写真下、グレーと澄んだ川の色が交差する箇所。ビミョ~💦

一体イモトはどこから見ていのか、、、

ジュネーブ空港に向かう道(橋の上)を通った時に、一瞬見えたが、車がびゅんびゅん走っているので、止まって見ることは難しい。残念だわ。

ジュネーブ

ジュネーブ空港に到着し、レンタカーを返却。
VOLVO君、楽しい思い出をありがとう!

その後、フランクフルト空港行きの飛行機まで時間があった為、ジュネーブ市街でプチ散策することにした。
スーツケース類をロッカーに預け、鉄道でジュネーブ駅に向かう。
今までの旅行で、空港のロッカーに荷物を預けることが多いが、事前にロッカーの大きさや場所を調べておくとスムーズに時間を無駄なく使える。

ショッピングをしたかったので、ジュネーブ駅からデパート「MANOR GENEVE」に歩いて向かった。
お天気が良いから、空気も清々しく、洗練された街の景色も美しい。

写真上は「フォーシーズンズホテル デ・ベルグ・ジュネーブ」。
お上品な建物で、次回はテラス席でランチをしたいな。

スイスは物価がとても高い。
デパートMANOR GENEVEでHANROの下着を買おうと思ったら、ドイツの方がスイスより、3000円安い! (ただし、ドイツよりスイスのほうが日本人向けのサイズがある)


ランチはMANOR GENEVEの一番上の階のフードコートで頂いた。
種類も豊富で、利用しやすく、ジュネーブではリーズナブルな方だと思う。

観光客もそんなに多くはなく、洗練された静かな街だなぁ。

さて、鉄道でジュネーブ空港に戻り、フランクフルトへ!

フランクフルト

フランクフルト空港に到着すると、人、人、人!!!
空港内にセキュリティーチェックをすり抜けた不審者がいるらしく、出発便が全便キャンセルとなっていた。
夕方だったので、この後乗り継ぎがある人達や夕方以降に出発する便に乗る人達が延泊をする為、空港近辺にあるホテルは各航空会社が部屋を押さえた様子だ。

今夜はシェラトン・フランクフルトエアポートホテルに泊まり、チェックイン後、大好きな一番台湾で最後の夕食を取る予定だった。
が、ホテルはルフトハンザ航空からの乗客で溢れてごった返している。
長蛇の列でチェックインまで30分以上はかかりそう、、、
一番台湾のお店の閉店時間と鉄道の時間が迫ってきていたので、焦る、、、

荷物を運ぶベテランのドアマンがいたので、そのおじぃちゃまに、事情を説明し、後でチェックインをするからスーツケースを全部扱って欲しい旨訴えると、快く預かってくれた。
シェラトン・フランクフルトエアポートホテルは何度も利用しているが、一度も不愉快な思いをしたことがなく、空港に直結していて駅構内のスーパーにも近いので、感謝!

翌日全日空204便11:30分で帰国する予定が、遅延とのこと。

出発まで時間が出来たので、Zum Gemalten Hausで朝食を取ることにした。
アップルワインが有名みたい。
ここのレストランがある通り沿いは、オシャレなカフェがあったりなかなか雰囲気がある。
散策してみたい場所が増えた!

お店はアンティークのステンドグラスや、奥に行くと画壁があったりと、ヨーロッパ満載で素敵なの~~~。
でもね、早朝から何人かお客さんがいて、新聞広げてビールを飲んでいる、地元の退職したおじさんばかり(笑)
既にお顔が真っ赤!
素敵な朝の過ごし方だな。
オーダーを取りに来る人も地元感溢れるおじぃちゃん(笑)。
豚肉とザワークラウト、普通なお味。たっぷりボリュームはおじさん達向けです!!

さぁ、日本に帰国の時間です。
楽しかったなぁ~。
次の旅行も楽しみに、日本に戻ります!