②スイス&フランス旅行

フランクフルト

我が家はヨーロッパ旅行の時は、いつもフランクフルト経由で旅行する。
利便性が良く、パリ、ロンドンに比べて物価が安い。

フランクフルトに2泊し、明後日鉄道でチューリッヒ空港に向かう予定。

旅程はこちら >>

関連記事

スイス、アヌシー、エビアン旅行。 10日間の旅程表です。 手配内容はこちら >> [sitecard subtitle=関連記事 url=https://selftravel.jp/wp/travel[…]

IMG

1日目

ヒルトン・ガーデン・イン・フランクフルト・エアポートの近くにあるスーパー、REWE Cityのイートインスペースで軽くお食事を済ませ、事前にネットで調べていたCafe Laumerへ足を伸ばしてみた。

空港からフランクフルト市街までは、Sバーンの8,9番線で行けます。
Hauptwacheという駅でUバーンの6,7番線に乗り換えて、Westendという駅で降ります。

関連記事

フランクフルトの電車Sバーン・地下鉄Uバーン・路面電車トラムのキップの買い方と乗り方 フランクフルト市内の移動は、Sバーンと呼ばれる近郊電車と地下鉄のUバーン、その他に路面電車とバスが利用できます。運行会社は国鉄から私鉄まで様々です[…]

カフェは閑静な住宅街にあり、地元の人達に愛されている場所という感じで、休日ののんびりとした感じが良かった。

一回ホテルに戻り、お部屋でお昼寝。

夕食は日本から予約を入れていたラーメン店「無垢」に行った。
空港から電車で中央駅に出て、そこからトラムに乗って30分弱。

フランクフルトにある日本酒が飲めるラーメン屋です。 Japanisches Ramen & Sake Restauran…

濃厚なソースとマヨネーズの味の揚げ海老。このソース、甘辛くてとっても美味しい。

お上品な味の羽根つき餃子。

そして横浜のラーメン博物館にも入っているラーメン。身体に沁みる美味しさ。

関連記事

横浜ラーメン博物館にも出店しているラーメン無垢MUKU ドイツ。フランクフルトで開店し人気を博し、横浜ラーメン博物館に逆輸入で出店しているヨーロッパ屈指の人気ラーメンです。ドイツ本店に久しぶりに行って来ました。 ラーメン無垢M[…]

スタッフのサービスも丁寧で心がこもっていて、居心地の良いお店。
また食べに来ます!

2日目

ヒルトン・ガーデン・イン・エアポートホテルで朝食を取り、チェックアウト。
フランクフルト中央駅近くの東横インへ移動。
東横インは長距離バスの停留所の目の前で、若干雰囲気は悪い気がする。
料金が激安なのと、欧米にあるホテルでトイレにウォシュレットがあると知り、一回泊まってみようと思った。
お部屋は清潔だし、中庭での朝食はとても気持ちが良く、1泊するのに十分なホテルだ。

チェックインの時間がまだなので、荷物を預けてフランクフルト中心街をお散歩した。

グローセ・ボッケンハイマー通りには高級食材店が多く、素敵な地元マダムが慌ただしく食材のお買い物をしていた。

暑かったので、L’Art Sucre GmbHというフランス菓子店のジェラートを食べにお店に向かったが、なかなか見つからず、、、
お買い物中の素敵な地元おばぁちゃまが話しかけてきて、お店まで案内してくれるとのこと。

「あそこは高いわよ(写真上)、ここのフルーツ店(写真下)の方が断然美味しいわよ!好きなフルーツを選んで、スムージーにしてくれるのよ」と、身振り手振りのジェスチャーで教えてくれた。

結局ジェラートを頂いたが、濃厚で美味しかった!
次回はおばぁちゃまおススメのフルーツ店でスムージーを。

夕食は、フランクフルト中央駅から徒歩5分弱の「一番台湾」へ。

関連記事

フランクフルトの台湾料理店に行ってきました フランクフルトに行ったら、必ず行く台湾料理店です。 一番台湾 Ichiban-Taiwan […]

台湾料理のお店だが、和食もあるブッフェ形式のメニューだ。
丁寧に作られたお料理で、毎回来たくなる大好きなお店。

3日目

今日はフランクフルト中央駅から鉄道でチューリッヒ空港へ。
そこで、予約しているレンタカーを借りる。
一等車を予約していたため、駅構内の2階のラウンジで過ごすことが出来た。
ラウンジからの駅の眺めが素敵だ。
こちらでは朝食やドリンクも頂ける。(ドリンクは無料。アルコール類は払うと思う。)

今までヨーロッパの鉄道で、トラブルは色々と発生したが、ドイツ鉄道だけは信じていた。
が、今回もトラブル発生‼

予定している列車は、ICE 275号。
なんとベルリンからスイスのインターラーケンまで走っている列車だ。
その列車のFrankfurt中央駅~スイスOlten駅の区間を乗車し、そこでチューリッヒ空港行きの列車に乗り換える予定だった。
その列車が、ベルリンからなんと1時間以上遅れでフランクフルト中央駅に到着。
当然、Oltenには1時間遅れで着くはずで、列車の中でドイツ国鉄のHPから、その時間に合うチューリッヒ空港行きの電車を検索した。
昨日、ドイツの通信会社O2のプリペイドSIMを購入しておいてよかった!

ところが、途中のドイツとスイスの国境駅であるBasel駅に着いたとき、もうこの先には行かないと車掌さんからの冷たい通告が。
すぐに列車から降りたところ、別のホームの案内表示にチューリッヒ中央駅行きの表示が。
そこに到着した列車に乗って中央駅まで行き、そこで空港駅に乗り換え、無事チューリッヒ空港に到着した。

空港にこだわったのは、空港の方がレンタカーの車種も台数も豊富で、ハズレが少ないため。残念ながら、ヨーロッパでは予約していた車種が用意されているとは限らないし、いきなり慣れない運転での街中からの出発は不安なので。