2016 スイス・ベルギー旅行 ④

スイス・ジュネーブへ

早朝の列車でブリュッセル空港へ。
ブリュッセルとのお別れは名残惜しい。
早朝出発するお客様の為に、ロビーにはコーヒーが。
サンキュー!ヒルトン・ブリュッセル・グラン・パレス!また絶対に来るね。

ブリュッセル空港に到着すると、駅から空港内に入るのに、Ⅹ線のセキュリティーチェックがあった。
テロ後だからしょうがない。早めに来て良かった。
ブリュッセル航空でジュネーブ空港に向かう。

ジュネーブ空港でレンタカー

ジュネーブ空港に到着すると、空気が澄んでいるのがわかる。

空港でレンタカー(会社/Hertz)を借りる。
事前に日本で予約をしていたが、予約した車種と同じものが当日借りれるとは限らない。
これはどこのヨーロッパのレンタカー会社でもそうで、当日借りる車によって、持っていくスーツケースの大きさや個数も決まってくるので、荷物関連の調整が日本で必要。

到着ロビーから100m(ターミナルによって違うので確認必要)のところに、Hertz, Euro-car,等レンタカー会社が入っている建物がある。
そこに移動し、Hertzのカウンターで手続きを済ませ、マイクロバスに乗って駐車場へ。
夏のスイスは、レンタカーを借りる人が多く、バス停の前は長蛇の列。

駐車場に到着後は、自分が借りた車を探し出し(各レンタカー会社の看板が吊るしてあるので、見つけやすい)、乗車。
写真下、借りた車。

スイス・ローザンヌに行く前に、フランス・アヌシーに立ち寄ることにした。
ここはジュネーブ空港から車で45分。ヨーロッパで一番湖が美しいと言われている。

アヌシー

スイスからフランスに入国するのだが、高速に乗る際、高速代をユーロで払わなくてはいけない。クレジットカード使用可能なマシーンだったが(フランスの機械なので、なるべくクレジットカードは使いたくない。カードが戻ってこなかったら怖い!)、スイス=フランス間は両替も少しすることを忘れずに!

アヌシー村に入り、山々に囲まれたエメラルドグリーン色の湖が見えてきて、車中からの景色は想像以上に美しい。
予定では、ランチかお茶をする予定だったが、駐車場はどこも満車!!!
お昼前に到着したが、引き返す人達も多く見受けられた。
フランスの夏のバカンス時期の駐車場は油断大敵!
キラキラ光る湖と美しい景色を目に焼き付け、「近いうちにまた来る。」と誓った。

ローザンヌ到着

スイス・ローザンヌへ移動。

Hotel de la Paix

ローザンヌのホテルは「Hotel de la Paix」。
車はホテル専用の地下駐車場へ。
ホテルスタッフのおじさんが待機しているので、安心。
階段を上がるとホテルが目の前にある。(エレベーターはない)

実は、すごく泊まりたいホテル(ボー・リバージュ・パレス)があったのだけど、ハイシーズンであまりの高額なお値段に泣く泣く諦めた。

でも、 Hotel de la Paix にして良かった。
お部屋が広く、使いやすかった!!
コネクティングルーム風だけど、ドアを開けると、さらに2つのドア。

シングルとダブルに分かれていて、それぞれに洗面所と浴室があって、広々としていた。

シングル、ベッドルーム。

シングル、洗面所。

ダブル、ベッドルーム。

ダブル、洗面所。

あと、「ボー・リバージュ・パレス」は、レマン湖のほとりにあるけど、「Hotel de la Paix」は高台にあるので、景色が良い。
街にも徒歩圏内で、とても便利だった。

写真下は、対岸フランス側の「エビアン」。

ローザンヌ市街散策

街散策も楽しい~♪

建物の色がシックで可愛いし、ローザンヌ大聖堂の形も私好み。

ローザンヌのPlace de la Paludという広場。

「Globus」というデパート。

デパートの入り口がどこか迷っていたら(坂道の途中に入り口がいくつかある)、地元マダム達が、親切に「ここよ、うん、ここよ」とフランス語で教えてくれた。

今夜の夕飯は、こちらでお惣菜を買って、お部屋でお食事!
デパートなので、お水、ワインは割高。飲み物類は、ホテル近くのコープで購入。
おススメは、お惣菜売り場の量り売りコーナー。
激高だけどお寿司や生春巻き等もあり、デパートでイートイン出来るスペースもあった。

ホテルに戻り、ディナータイム。
窓を全開にして、ワインを頂き、、、

ローザンヌに到着した喜びを噛みしめながら、明日の世界遺産「ラヴォーのブドウ段々畑」を楽しみに、おやすみなさ~い♪