のだめカンタービレ ロケ地巡りマップ ④

のだめカンタービレ 最終楽章 後編

最終楽章の後編。
二人の物語も終わりです。
「先輩、お別れです」

のだめ ショパン・ピアノコンチェルト コンサートホール

プラハのスメタナホール。
コンサートホールというより、もはや世界の文化財。
もちろん、ミルヒーのポスターはありません。

Smetanova síň

千秋の走る風景、のだめの幼稚園へ

ビル・アケム橋を走る千秋

「ラストタンゴ・イン・パリ」で使われた、上にメトロ6号線が走る、特徴のある二重構造の橋。
観光ならばあまり利用しない路線だが、この車窓からのエッフェル塔は、見応えありだ。
実際はCGっぽいが、前編で、千秋がマルレー・オケに行くために乗っているメトロは6号線だろう。
恥ずかしながら、私も走ってみました;;

Pont de Bir-Hakeim

ミルヒーが、二人について語るカフェ・レストラン

ホテルの最上階にあるレストランです。
そのホテル自体が素晴らしい。
このホテルに宿泊して、ディナーにテラス席の予約をしました。
満席でした。

Terasa U Zlaté studně

目を閉じれば聞こえるようです。 あの二人のコンチェルトが。。

Terasa U Zlaté studně
homepage.description

ラストのサクレクール寺院の見える丘

ラスト近くに登場する印象的な丘。
どこを調べてもこの場所がわからず、サクレクール寺院の見え方から、方角を推測した。
寺院をスタートに、この方角にひたすら歩き続け、一日中探したが見つからなかった。
失意のなか公園で休憩し、その後ホテルへ戻るためバス停を探していた時、ふと通りかかった階段が気になり、上がってみたところ、映画でみた見覚えのある街並みの先に、この場所を見つけた。

Rue Georges Lardennois

ラストシーンの橋 ポンデザール

定番の観光スポット。
ラストシーンをどこにするか、そうとう迷ったはずだが、 パリを知る日本人なら誰もが知っているこの橋を選んだことは、結果的に良かったと思う。
当時、橋のフェンスに南京錠がたくさん付いていたはずだが、CG加工で消したのだろう。
綺麗な橋である。

Pont des Arts

コメント

タイトルとURLをコピーしました