のだめカンタービレ ロケ地巡りマップ ②

のだめカンタービレ in ヨーロッパ 後編

のだめと千秋が過ごした思い出の街、パリには3回。プラハへは1回行きました。
訪れたロケ地を物語登場順に掲載しました。
ヨーロッパ編を、

の4ページに分けています。

のだめの学校コンセルヴァトワール

新学期がはじまり、のだめもいよいよ学校がスタートです。

学生は先生を選べません。 のだめの担当教授はオクレール先生。
先生へのお土産も忘れません。モンドセレクション受賞の「通りもん」は福岡の銘菓です。

Conservatoire National Supérieur de Musique et de Danse de Paris

写真は閑散としていて静かだが、ここに来るまでの地下鉄の車内は、パリ西側と比べると、けっこうカオスな雰囲気。 付近もあまり治安のいい地域でない感じがしました。
正式には、ものすごい長い名前の学校らしい。

砂漠のプロメテウス作戦の行く先

The Powder Tower

一方、千秋はコンクール後プラハで何者かに拉致され、「砂漠のプロメテウス作戦」の餌食となります。

「プロメテウスは人間に火を与えたため、ゼウスの怒りをかい、絶壁に縛り付けられ、鷲たちに毎日毎日つつかれた。」
あんな恐ろしい作戦が、あの塔で、、、
お、恐ろしい。

この塔は、千秋の宿泊ホテルのすぐ裏にあります。ホテルの部屋の窓から、塔の先端が見えました。
そこまで恐ろしい雰囲気ではありませんでしたが、自分ならあの拷問は10秒耐えられません。  特に脇腹?

ミルヒーの行きつけ「CLUB One More Kiss」パリ支店

Bedford Arms S.A.R.L

ミルヒーは、パリでも相変わらず千秋を連れてクラブざんまい。
なんと「CLUB One More Kiss」のパリ支店をつくってしまいます。
このお店では、お酒の締めに、おにぎりが食べれます。

もちろんクラブではなく、パブ。

リュカと讃美歌を聞いた教会

演奏に行き詰まりを見せたのだめは、この教会で美しい賛美歌の音色に出会います。
モーツァルトの美しい讃美歌を聞く上野樹里の表情は、見事と言う他ない。
この物語屈指の名場面です。

外観

元気のないのだめは、パリを散歩中に偶然この教会の前を通りかかり、賛美歌に足を止めます。リュカに誘われ、教会の中に。

Église Saint-Gervais

外観と内部で、違う教会です。

放映された教会の映像は、反対側の裏口付近。
行ったときは、それに気づかず、正面の写真を撮ってしまった。

内部

のだめは美しい賛美歌の音色に心を奪われます。
屈指の名シーンです。

SÉglise de Saint Germain des Prés

有名なサンジェルマンの教会。
讃美歌を聞くシーンは、この教会で撮影された。

のだめ初リサイタル

スランプののだめは、オクレール先生の薦めで、このお城でリサイタルを開きます。
仲直りした千秋も来ています。
「どうなる、のだめ初リサイタル」

主催者の城

リサイタル会場の教会

調べたのですが、どちらもまだ行ってません。
いつか行ってみたい。