2019 サンフランシスコ・サンノゼ旅行 ⑤

サンフランシスコ 3日目

朝は、ホテル前のユニオン・スクエアにあるBancarellaカフェへ。

テラス席しかないので、寒くてテイクアウトにした。

店員さんはフランス人の男の子で、親切なんだけど、パンもフレッシュオレンジジュースも美味しくない!!

雰囲気は素敵なカフェなので、お天気が良い時にお茶をするには良いかも。

ホテルで10:00までダラダラする。

ヒルトン・ファイナンシャル・ディストリクト

今日から別のホテル、ヒルトン・ファイナンシャル・ディストリクトに移動する。
ウェスティンは3日目のお部屋が満室だったので、別のホテルで2泊することにした。
チェックアウトの時、カードキーだけフロント前にあるボックスに投函して終了。

ヒルトンまではUberで移動。

5分でヒルトン・ファイナンシャル・ディストリクトに到着。

ヒルトンなのに、インテリアがめちゃめちゃアジアン(笑)

中華街エリアにあるので、中国系のお客様が多い。
こちらのホテル、スタッフの対応が悪く、マイナス点が多かったが、場所的には便利だと思う。
中華街の真ん中にあり、リトルベニス、金融街もすぐ裏にあるので、立地は良い。
(環境的にではなく、美味しいレストランが集まっている。)

希望するお部屋が15:00に空くので、荷物預けて出かけることにした。

中華街 飲茶 City View Restaurant

サンフランシスコの中華街は横浜の中華街と比べものにならないほど大きい。
レストランもたくさんあるが、美味しいところはすぐに満席になる。

ホテルから徒歩1分のシティービュー・レストランで飲茶をすることにした。

こちらのレストランは人気店なので、11:00の開店と同時に入った。
12:00になると満席、それを過ぎると並ぶことになる。

近くのビジネスマンや、中国人ファミリーの会食、欧米のカップルも多い。

人気の理由の一つに、味はもちろんだが、店内が真っ白で清潔で素敵な雰囲気なのだ。
あと、スタッフが働き者(ヒルトンのスタッフにも真似て欲しいわね)。

メニューは日本語表記されているから、わかりやすい。

このお店の特徴は、昔ながらのワゴン式で飲茶が運ばれる。

どれも美味しいけど、海老焼売と海老マヨネーズは絶品。

大大大満足の飲茶でした!

フェリー・ビルディング

飲茶後は、お散歩がてら金融街を通り抜け、フェリービルディングへ。

フェリービルディングは、オーガニックの食品店や、農家の人が野菜や果物を出店していたり、活気があって楽しい。

フェリービルディング前の広場から21番バスに乗り、アラモスクエアへ。
Market Stの途中、めっちゃ危険地域に入り、雰囲気もヤバい感じ。

カメラや貴重品はバスの窓から見えないように❗

アラモ・スクエア

アラモスクエア(バス停名前)に到着し、観光名所のヴィクトリア調の家を撮影。
う~ん、ノブヒルやロシアンヒル界隈の家はもっと素敵なので、ちょっとがっかり。

Filmore St 近くのバス停から3番バスに乗り、ユニオンストリートで下車。

ユニオンストリートにはオサレなお店が並んでいる。

ユニオンストリートを散歩しながらHyde Stへ。
Hyde Stから徒歩で、「世界一曲がりくねった坂」ロンバードストリートへ。
上から撮影すると、曲がりくねった坂が良く見えない💦

この界隈、とーーーーっても素敵な邸宅が多く、うっとりしてしまう。

ロシアンヒル界隈を散策していると、ガイドブックには載っていない景色に遭遇する。
ここ、先の道が見えないぐらい急勾配で、まるでジェットコースターで落ちる時の感覚。

住宅街を海側に歩いていくと、こんなスポットも。

お昼間なのに、ロシアンヒルに接している細い階段の途中に、薬をしている人に遭遇。
地元住民しか知らないような階段だが、やはり人気がない場所には絶対に行かないことだ。

ノースポイントから30番バスに乗り、Stockton Stの中華街で下車。

ノブヒル

ノブヒルにあるフェアモントホテルを知ったのは、ショーン・コネリー主演の映画「ザ・ロック」を観てから。
映画通り素敵なホテルなのだけど、この界隈がこんなに素敵な場所だとは知らなかった!!
多分、最高級住宅地。あまり時間がないので、また次回邸宅巡りをしたいな。

フェアモントホテルの向かいには、グレース大聖堂が。
18:00の鐘が鳴り響き、サンフランシスコの心地よい風と共に、とっても素敵。

中のステンドグラスが美しいと聞いていたので、入ってみると、、、
素晴らしい、、、
この大聖堂のつくりや雰囲気、好みだわ~。

グレース大聖堂があるCalifornia Stをひたすら下り、待ちに待ったディナーへ!

世界一美味しい蟹料理 クラスタシアン

今日の一番の楽しみ!というより、サンフランシスコ行きが決まって、一番楽しみにしていたこと。

予約はこちら →

クラスタシアンで絶品蟹料理を堪能する。

Crustacean San Francisco, Home of the Secret Kitchen
Crustacean Restaurant in San Francisco, Home of the World's Famous Secret Kitchen

Fisherman’s Wharf に並ぶレストランの蟹とは別物で、日本人には大人気みたい。
ここだけは、日本から予約を取っていった。
体調も整えて行った。
ビバリーヒルズにも支店があり、セレブが手をべとべとにして蟹を味わっている、とのこと。

ワインを飲みたい気分だけど、べとべとの手でワイングラスを持つのは不可能。
ビールを注文するのが賢明だ。

注文すべきマスト料理は、ローストされた蟹とガーリックヌードルなのだけど、前菜のサラダ系も絶品!

クラスタシアン、予想をはるかに上回る美味しさ!!!!!
もちろん、お値段も高いんだけどね、1人1万円。
高い、、、

生きているうちに、これは食べるべきものでしょう。

しっかりした胡椒とガーリック味の何とも言えない味わいの蟹。
ヌードルは、奥が深いガーリック味なんだけど、蟹がのったお皿のオイルをつけて食べると、もう天国に行く感じの美味しさ!!!!!
ここのレストランに訪れるために、サンフランシスコ滞在も悪くはない。

帰りはCalifornia St沿いにあるスーパー(Traders Joe)でお土産を購入し、1番バスで中華街へ戻った。

こんなに美味しい蟹料理を頂けるなんて、幸せだなぁ~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました