2019 サンフランシスコ・サンノゼ旅行 ⑥

サンフランシスコ旅行 4日目

Boudinのクラムチャウダー

今日は、ホテルで朝食を食べた後、ゴールデンゲートブリッジに行く予定。
その前に、どうしてもサンフランシスコ 名物のパンに入ったクラムチャウダーを食べてみたかったので、PIER 39にある「Boudin」でクラムチャウダーを食べてから、行くことにした。

ホテル前から、8番のバスに乗り、Earny and Northpoint(終点はPIER 35)というバス停で降りる。7:00開店で、朝は観光客がほとんどいないので、ゆっくりクラムチャウダーを頂くことが出来る。

クラムチャウダーはまずくはないけど、あさりの身も入っていなくて、イマイチ。
パンは酸っぱい。
この酸っぱさは、フランスからサンフランシスコに酵母菌を持ってきた時に、他の菌が混ざったため、酸っぱくなったとのこのと。

クラムチャウダーを食べた後、ゴールデンゲートブリッジへ出発。

ゴールデンゲートブリッジ

47番バス North Point street and Mason St(シェラトン・フィッシャーマンズ・ワーフ近く)で乗車、 Van Ness and North Pointで降車する。
そこから28番バスに乗り、Golden gate bridgeまで30分ぐらい。

今日のゴールデンゲートブリッジ、霧が濃くて全体が見えず、残念。

トイレは行きで降車した場所にしかないので(ビジターセンター)、到着したらここで済ませた方が良い。
帰りのバス停が道路を挟んで反対側にあるので、地下通路を渡ってビジターセンターに行かなければいけない。5分はかかると思う。

帰りは、Golden gate transit busという特急バスに乗ることにした。
帰りのバス停(乗り場Ⅽ)にクリッパーカードのチャージ機があるので、チャージ出来る。
乗り場Cからは、Civic行き(70番)とFishermans Wharf行きがあるらしく、Civic行きに乗った。
市街に入り、Googleマップ片手に、Mission street and 1stで降車した。

テイクアウト デリ

Mission street and 1stで降車した理由に、デリでお昼を食べたかったからだ。
気になっていた「Julies kitchen」へ。

オフィス街なのか、この一角はデリが3店舗ぐらいあり、路地にはフードカーもある。
オフィスの人達がデリの箱を持って歩いている姿がオサレ。
健康志向で野菜をたっぷり取りたいサンフランシスコの人達に、デリは必須なのかも。

ここは日本人がオーナー?というぐらい、日本の家庭料理で出てくるお惣菜が揃っている。天ぷら、牛肉のしぐれ煮、お寿司、おいなりさん、ピーマンのハンバーグ、ケールのごま和え、さといもの煮付け、ラザニア、ポキ、生春巻、メロン、キャベツコールスロー、カプレーゼ、チキン、チャーシュー、等々国際色豊かな品揃え。
そしてどれも、完璧な美味しさ!!

グラムで値段が決まる。
デリ内にもテーブルがあり、デリ内でも食べれる。

デリはどこも15:00ぐらいに閉まるので、もしホテルのお部屋でディナーを済ませたい場合は、テイクアウトしてホテルの冷蔵庫に入れておくのもあり、かな。

オフィス街は若者が多く、中年のおじさんおばさんは見かけない。
40代後半以降の人達はどこに住んでいるのかしら!?

サンフランシスコ市街を散策

デリでお昼を食べた後、Market Stを歩き、4th Stにあるスーパー、Trader Joe’sでお土産を購入し、一旦ホテルに大量のお土産を置いて、再び出発!

サンフランシスコ、観光場所がそんなにあるわけではないので、まだ見ていないケーブルカー博物館に行くことにした。

ホテル前のKearny Stから、Pacific Aveまで歩き、12番バスに乗車。
Mason and JackStで降車。

でも、ケーブルカー博物館はお休みだった!!
平日は営業しているし、ネットでもお休みとは出ていないのに~💦
本日休業の紙が、ペロッと貼られていた。

サンフランシスコは今日が最後。あとどこに行こうかなぁ~。

ケーブル博物館の前の通りを上がると、大好きなノブヒル界隈!
サンフランシスコ市街の丘の1番頂上にあるので、空気が澄んでいて気持ちが良いし、邸宅ウォッチングも楽しい。

フェアモントホテルの前を撮影していたら、紳士な雰囲気のおじぃちゃまが「Excuse me,have you been to this hotel?(すみません、このホテルに入ったことはある?)」と。いきなり、怖い!と思ったけど、おじぃちゃまなので邪険にも扱えず、「いいえ、入ったことはないわ」と伝えたら、「ホテルの中を案内するよ。歴史的な建物だから見ると良いよ」と。う~ん、「是非!」と受けても図々しいと思われるし、「No thank you. thank you very much Sir.」と精一杯のお返事。

フェアモントホテルの前にある、由緒正しき建物Public-Unionから、同世代の紳士おじぃちゃん達(80代)が葉巻を吸いながら、シックな車で出てきていたから、その内のお一人かもしれない。家が徒歩圏内かぁ、この界隈は○○億はするでしょう。すごいおじぃちゃまだと思うけど、いきなり言われても、ついていく人いないよね(笑) I would love to!とついて行けば良かったかな。

カフェ・ゾエトロープ

フェアモントホテルからインターコンチネンタルホテルの前を通り、Stockton通りへ。

リッツカールトンがあるこの界隈のStockton通りも、素敵な邸宅がたくさん並んでいる。
そして、住人は若者!!
サンフランシスコの若者たちは、カジュアルな服装なのに、すごい邸宅に住んでいて、IT関連で大金持ちなんでしょうね。

さらに坂を下り中華街を歩き抜け、リトルイタリーへ。

Kearny Stでもひと際目を引く、素敵な建物、Cafe Zoetrope。

コッポラ監督がオーナーの素敵なお店で、ゆっくり読書をしている人もいたり、お店の雰囲気を楽しんでいる様子。
15:00~18:00までハッピーアワー。

ハッピーアワーに、6ドルでちょっとしたお食事や、ワインの他にスパークリングも頂けるなんて、素敵!

このちょっとしたお食事も、丁寧に作られていて美味しい!
ラム肉のラップで、赤唐辛子ベースのソースがけ、みたいな感じ。

こちらのメニューは、コッポラ監督が食べていたり、好きなレシピで作っているみたいです!

世界一美味しいピザ TOMMASO’S

17:00、知り合い曰く世界一のピザ!というお店へ行ってみた。
カフェ・ゾエトロープの目と鼻の先。
この辺り、ノースビーチというエリアで、イタリア系のお店が多い。

San Francisco's #1 destination for pizzas, pastas, and Itali…

カルパッチョ、マルゲリータを注文。

確かに美味しい!!
でもピザの生地は好みだし、世界一かはわからないかな(笑)。
お店の雰囲気は良い感じだし、スタッフも働き者で居心地が良いし、サンフランシスコの美味しいレストランリストには、入ると思う。

チャイナタウンのワンタン専門店

ホテルの近くにあるワンタン専門店が気になっていた。

Fans praise the wonton soup ladled out at this Chinese resta…

最後なので、ピザを食べた後、入ってみることにした。

メニューの24番、豚と海老のワンタンを注文した。(現金のみ。7ドル25)
お茶はとっても美味しいの!

海老の出汁がきいていて、美味しい 。

スタッフは皆真面目で、ワンタンはおじさん一人で作っている。

サンフランシスコに次回訪れた時も、必ず行きたいお店リストに入る。

ホテルへ帰り、明日の準備!
明日はサンフランシスコをお別れをし、レンタカーでナパとサンノゼへ出発!